連帯保証人に代わる保証|中古マンション投資なら初期費用を抑えられる

中古マンション投資なら初期費用を抑えられる

男性と女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

連帯保証人に代わる保証

紙幣

連帯保証人とは

保証人とは、何らかの貸借契約を行うさいに本人以外にその責任を負う人のことです。単なる保証人は最終的に本人がその責任を達成できなかった場合に保証するというものですが、一方で単なる保証人よりもより責任力の強いものが連帯保証人になります。連帯保証人は契約者本人と同様の責任を負い、契約に基いて必要とされるものを弁済する必要があります。信用力を必要とするサービスを利用する場合には連帯保証人が必ず必要で、クレジットカードや賃貸で部屋や家を借りるといったさいに必要とされます。しかし、核家族化が進んだことや親類と離れた場所で居住するケースが多くなり連帯保証人を用意するのが難しくなっており、それらに代わるものとして家賃債務保証があります。

保証会社

家賃債務保証の仕組みとしては、借り主が保証会社に対して、定められた保証料を支払い債務保証を委託するというものです。この委託契約によって保証会社は家賃滞納が発生した場合には保証会社が貸主に対して家賃を立て替え払いするというものです。滞納した家賃は後日保証会社が借り主に請求して回収されます。家賃債務保証のメリットとしては、やはり連帯保証人を用意する必要がないということです。また必ず滞納した家賃は支払われるので、貸主があえて遠方の連帯保証人よりも家賃債務保証を使わせるケースもあります。家賃債務保証を行っている保証会社としては不動産会社系列の専業のほか、貸金業者やクレジットカードなどの信販会社などがあります。