滞納の心配がない賃貸経営|中古マンション投資なら初期費用を抑えられる

中古マンション投資なら初期費用を抑えられる

男性と女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

滞納の心配がない賃貸経営

男性

連帯保証人の代わりになる

アパートやマンション等のオーナーが時折経験するのが、入居希望者から「部屋を借りたいのだが連帯保証人が立てられない」という相談を受けることです。連帯保証人にふさわしいのは継続的な収入のある生活の安定した人ですが、最近は高齢化や雇用情勢の不安定化などの世相を受け、適任者を見つけるのが簡単ではなくなってきています。このような場合は入居を断る、というのも1つの決断です。ただ注意が必要なのは、こうしたケースが年々増加していることから、すべて断っていてはいずれ入居者の確保に支障を生じるおそれが出るかも知れないということです。こんな時に利用すると便利なのが、賃貸保証会社です。賃貸保証会社は、連帯保証人に代わって債務保証を行うことを専業にしているサービス事業者です。

事務の負担も軽減

賃貸保証会社を利用すると、万が一入居者が家賃等を滞納した場合、オーナーは賃貸保証会社に対して代位弁済を求めることができます。退去時の原状回復費用を求める場合も同様です。専業者が債務保証を請け負うことで、オーナーにとっては連帯保証人を立てるよりも債権確保に対する安全性がさらに増すことになります。この制度を利用する場合は、オーナーと入居者の双方が賃貸保証会社と契約を結ぶ必要があります。契約時には、賃貸保証会社が入居者の身元や経済力等に関する調査を行い、利用の可否を決定します。そして入居後は、毎月の家賃は賃貸保証会社が回収してからオーナーに納付するのが一般的です。つまりこの制度によって、オーナーは入居審査と家賃収納の事務負担も軽減することができるようになるわけです。